NC-02

子供たちも独立し、夫婦二人で快適に暮らしていくための住まい。

ライフスタイルを再確認し、必要なスペースだけで構成された30坪の平屋建て。

 

 外観

「先人が大事に育ててきた松が映える家にしてほしい」との要望。

屋根は大きな切妻にし、松の木と調和するよう設計しました。

外観2

 

 

 

 

 

 


外観

 

 

 

 

 

 


シュークローク

玄関脇に設けただけだが、扉を工夫することで家族専用のスペースに。

靴・コートだけでなく、遊び道具も収納。

シュークローク2

 

 

 

 

 

 

 

 


 

シュークローク

 

 

 

 

 

 

 

 


 

シュークローク4

 

 

 

 

 

 

 

 


 

間取り

LDKを中心に各部屋がつながっていて、どこに行くにもムダな動きがありません。

また予備室のようなものはなく、すべて毎日使う部屋になっています。

LDK

 

 

 

 

 


 

物干し室

家事を効率よく行うため、物干し室に洗濯機を設置。

物干し室2

 

 

 

 

 

 

 

 


 

バリアフリー

各部屋の建具はすべて引戸にしているため、将来、車イスを使う事になっても大丈夫です。

特に、水廻りの入口は3枚引き戸にしました。

水廻り

 

 

 

 

 

 

 

 


 

トイレ

 

 

 

 

 

 

 

 


 

洗面脱衣所

洗濯機を物干し室に置くことで、広々とした脱衣スペースを確保。

収納棚には足ふきマット用パイプも設置、洗剤やタオル・着替えなども余裕で収納できます。

洗面脱衣所

 

 

 

 

 

 

 

 


 

和室

仏間の建具を中が見えない襖にすることで、来客や泊り客に対応。

ガラスに比べ中が見えないため、すき間に合わせ、神仏具の収納棚を造作。

仏間建具

 

 

 

 

 


 

仏間棚

 

 

 

 

 

 

 

 


 

月見障子(奥様命名)

奥様お気に入りの上の障子が下がって光を入れる障子。(雪見障子は下の障子が上へ)

下の部分が目隠しになるので、車や人通りのある場所には最適。

(建具制作:鵜渡川原工舎)

月見障子2

 

 

 

 

 


 

月見障子

 

 

 

 

 


 

編み込み塀

棟梁がデザインした、文字通り、木を編み込んだ塀。

木を知り尽くした、熟練の技が光る逸品。

(デザイン: 設計建築長谷川)

塀

 

 

 

 

 

 

 

 


 

塀2